ホーム > スタッフブログ > 絶景!浅間山! のはずが・・・

過去の記事

  • スタッフブログ
  • スタッフブログ
  • スタッフブログ
  • スタッフブログ

運営会社

ピジョン株式会社

〒509-9131
岐阜県中津川市千旦林444-14

TEL 0573-64-8871
FAX 0573-64-8872

支払い方法

紙空間スタッフブログ

絶景!浅間山! のはずが・・・

2016年11月10日 木曜日

日に日に寒くなってきて、今朝は霜が降りていました。

ファンヒーターに炬燵に・・もう冬の装いですね。

 

遠くに見えるアルプスの山々もすっかり雪化粧をして、美しい姿を

見せてくれています。

 

さて、そんな晩秋に、浅間山の外輪山のひとつ、「黒斑山 くろふやま」

に行って来ました♪

 

034aDSC_00711[1]

こんな景色が見えるはずだったんです・・・

 

浅間山の今の警戒レベルは2 半径2キロは立ち入り禁止なので、

今回は、その浅間山を間近で見られる、黒斑山へ!!

唐松の紅葉もきれいだし、山頂まで2時間足らずで行けそう♪

 

天気予報は、晴れ!! だったのですが・・・

 

SCN1787[1]SCN1798[1]

 

車坂峠の登山口に到着すると、おやおや・・なんか 曇ってる・・・

 

まあまあ・・・登ってるうちに、晴れるでしょう♪

 

SCN1793[1]SCN1803[1]

 

霜柱を踏みしめて、比較的歩きやすい登山道を期待をこめて、歩きます

 

SCN1806[1]SCN1807[1]

 

噴火が起きたときに逃げ込む、シェルターを過ぎ、展望がよくなる槍ケ鞘まで来ても・・・

 

SCN1810[1]SCN1814[1]

 

真っ白!! この トーミの頭 からは、目の前に唐松の黄金色の紅葉と

浅間山が ドーン と見えるはずですが・・・・

 

とりあえず、山頂を目指しましょう

 

SCN1817[1]SCN1818[1]

 

稜線にでると、風が強い!!おまけに寒い!

おかげで、「霧氷」が見れました♪ わかりにくいですが、枝の片側だけが、凍っています。

 

SCN1819[1]SCN1816[1]

 

山頂 やっぱり真っ白・・・・まあこんな日もありますよ。

きっと山が「またおいで~」って言ってるんだよ・・・・

 

気を取り直して、早めのごはん!

 

SCN1823[1]

山飯は「カレーメシ」♪

これ、おいしいです!カレーリゾットみたいで、山ごはんの定番になりそう^^

 

気温はマイナス2度 風も強いし 食べ終えたら早々に下山します。

 

SCN1833[1]

 

帰りは、風をよけて樹林帯を通る、中コースで下ります。

 

登山口に戻ってきたのは11時30分

 

まだ午前中じゃないですか

 

せっかく、小諸まできたんだから・・・

そうだ!「上田城」へ行こう!! ということで

 

SCN1879[1]SCN1890[1]

 

SCN1881[1]SCN1880[1]

 

実は、黒斑山 に行くことになったときから、決めていたんです♪

 

絶対ここにも寄ろうって^^

 

SCN1861[1]SCN1868[1]

 

SCN1876[1]SCN1882[1]

 

「真田丸」ファンとしては、期間限定で開催されている、「大河ドラマ館」は

はずせません♪

中は一部を除いて撮影禁止なので、画像はありませんが、衣装や小物

セットが再現されていて、見ごたえがありましたよ♪

 

帰る頃には、「黒斑山眺望なし」の残念さも薄れ、「霧氷」が見れた感動と

念願の「上田城 真田丸展」という、とても贅沢な山行となりました♪

 

                        浅間山さーん 来年また行くから待ってってねー           Yでした。



<<一覧へ戻る



このページの先頭へ